大丈夫?正しいサーモグラフィーカメラ・サーマルカメラの選び方

サーモグラフィーカメラ・サーマルカメラの選び方 How to choose

緊急事態宣言解除後、経済活動の再開と感染防止の新しい両立が課題となっておりますが、コロナ対策では人体温の監視は必須として皆さんご存知かと思います。
従業員やスタッフの出社、お客様の来社、来店するようになり、マスクや手洗いうがいなどの個人単位での対策の他、より高度な対策が求められます。
そこで、一番手軽で簡単な企業対策として注目されているのがサーマルカメラの設置です。

コロナ感染対策で”サーモグラフィー”、”サーモグラフィーカメラ”や“サーマルカメラ”といった言葉も一般的になりつつあり、個人でも使えるハンディタイプから、企業や団体、施設など人の流れや出入りの激しい場所で使える設置型のAI顔検知サーマルカメラ機器まで様々な種類がございます。
自社やクライアントのサービスや業務を運営するにあたっての安全対策でサーモグラフィーカメラが必要だという場合に参考にしてみてください。

  • 「どんなカメラなのか?」
  • 「どれを選べばいいのか?」
  • など分からない部分がたくさんあるかと思います。

安全な場所から表体温の可視化

対象(人や物)に接触する事なく、非接触状態でわずか1秒程度で離れた場所から表体温を測定することが可能です。
カンタンに言えば、表体温の可視化する物です。
サーマルカメラは決してウィルス感染しているかを判断する機器ではございませんが、感染の一つの指標となる”発熱””体温”を測定する機器として最適です。
コロナウィルスの流行で「もし隣の人が」「近くに感染者がいたらどうしよう」「もしかして自分も感染しているかも」など見えないことで不安に感じた方も多いかと思います。
オフィスや店舗・会場・駅など人の集まる様々な場所にサーマルカメラを設置することで、物理的な接触による感染のリスクを軽減し、高い安全性を保ちながら検温することが可能です。

どれを選べばいいのか? まず大前提として、人体検温向けに製造されていること

一般的に流通しているサーマルカメラの多くは工業製品や機械の検温向けに製造されており、測定範囲温度も数百度と広く測定誤差±2℃程度の精度です、
例えば、誰もが使ったことのある体温計。その体温計が誤差±2℃もあればどうでしょうか?人の体温はとてもシビアです。1℃違うだけで熱が出ているとされる37℃を超えるので誤差±2℃という数字はとても大きな誤差と言えます。 人体を高精度に検温するには不向きな製品も多く出回っています。必ず、人体検温向けに製造されたサーマルカメラを選択して下さい。

コロナ対策の補助金なども都道府県や各団体で実施しておりますので、是非ご活用ください。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com